漫画研究室

漫画研究室

主にジャンプ作品の感想・考察、たまにイベントの体験談などを書いてます。

【2020年27号】週刊少年ジャンプ感想 表紙:ONE PIECE

f:id:mangalab:20200611175152j:plain
週刊少年ジャンプ2020年27号表紙 集英社
ネタバレあり。未読の方はご注意ください。

次号の感想はこちらからどうぞ。

今週のジャンプはマジで気が狂いそうになるくらい面白い回ばかりでしたね。
どうしたんだ本当に笑


ONE PIECE

独特の巻頭カラー、ナンバーズ初登場、キッド3バカ仲間入り、アプー能力判明、チョッパー司令官とビッグマム、ビッグマム海賊団再登場……などなど、今回は内容の密度が高かったんで「今週もオモシロー!!」と機嫌良く読んでたんですが、最後のマルコ登場でひっくり返りました笑

ここで登場するとは全く予想してなかったんで。


まず巻頭カラーが好き。この色遣いが天才でしょ…。
オレンジと水色ってそんなによくある配色じゃないですよね?なんでこの色で塗ろうと思いついたんだろう?凄いな…。


アプーさん、能力がバレると弱い疑惑が浮上笑
集団戦とか不意打ちならまだ使い道ありそうですけど、タイマンだったら瞬殺されそうですね。まあアプーごときに手こずって話のテンポが悪くなるのは嫌なんで別に良いんですが(無慈悲)。


ビッグマム海賊団はもはやネタキャラ集団みたいになってきてるし、この戦いにはもう参戦しないのかな?

ただし、ビッグマムに関しては間違いなく何か起こりそうなんですよね。チョッパーと目が合っちゃったのをキッカケに一波乱ありそう。また記憶喪失になるとか笑


そういや最後にイゾウらしきシルエットが「あの戦争以来だな」って言ってるのおかしいですね。落とし前戦争まではマルコと一緒に行動してたんじゃなかったんだろうか。


僕のヒーローアカデミア

一気に主人公がメインになったというか、戦いがようやく始まった感覚がしました。

プロヒーローがいるのに学生が最前線に出る矛盾を民間人の救助で理由づけするの上手いなって。全く違和感なくデクが前線に出るのを受け入れられます。

最終決戦とは言われてませんが、直接対決ならもしかしてこれがラストバトルになる可能性もあるんですかね。でも負けイベの雰囲気がするんですよね…。


バーニンの「ワンフォー何?」のコマで凄くゾクッとしました。一気に脅威が現実のものになるというか。たまに「え…?」って真っ白になる感覚あるけど、デクもそんな感じだったんじゃないかな。


ここで「『サーチ』があればまた皆の力になれるのに」って言わせんの残酷すぎるでしょ…。もちろん彼女は何も悪いことをしてないんですが、読み手としては「サーチさえ無ければ…」って考えが頭に一瞬浮かんじゃいますから。


呪術廻戦

領域外脱出までの流れだけでも神回レベルの面白さなのに、パパ黒までぶっ込んでくるとか面白すぎますよ…。


まずですね、伏黒恵の領域展開がシンプルにカッコ良すぎます。
影が渦巻いてるのが僕の厨二心にクリーンヒットです笑。影と水が押し合ってるとか意味わからないんですが、潜在意識に訴えてくるカッコ良さです。


「真希さんが游雲を持ったところで特級相手だと大した戦力にならなくね?」とか思ってたんですが、普通に陀艮の肉を抉ってぶっ飛ばしてる笑
花見にはあまりダメージ入って無かったので弱いイメージだったんですが、そういえば花御には高耐久力っていう設定ありましたね。
ほとんどの特級相手だったらそれなりに戦えるっぽいです。


ナナミンといい直毘人といい、大人の男がカッコいいです。
二人とも間違いなく余裕で耐えてると信じてたが故に、思ってたよりダメージ入ってて少しショックでした。

特に直毘人の右腕欠損にはビックリしましたね。
ただし、その後のセリフがカッコいい。戦略的にも演出的にもタダではやらないのが素晴らしい。


何気に伏黒の「猪野さんはリタイア 虎杖は別行動です」ってセリフがシンプルな報告で好きです。猪野さんのあの状況を「リタイア」という言葉で伝えるのが大人って感じがします。

七海も多分、このセリフから猪野の状況を察して「・・・君は私が守ります」って言ってるんでしょうね。
今度は守るという決意の意味も込めて。


「命は懸けても 捨てる気はありません」
言ったからなお前!もう絶対フルベユラユラ使うなよ!(使いそう笑)


伏黒甚爾、楽しそうですね〜〜笑
とりあえず陀艮を祓うところまでは協力してくれるでしょうか。う〜ん微妙かな。生前の恨みがありそうな直毘人を殺しにいく可能性もありえそう。

「ふたたび生を受けた」とアオリには書いてますが、これもしかしてハロウィン終わっても術式解けないんですかね?
ガチで完全復活だと世界のパワーバランスが狂いそうです。

是非、恵くんにデレデレしてるパパの姿を見せて欲しいですね笑


アンデッドアンラック

なんだこの漫画?神回しか書けないのか?笑
扉絵、君に伝われ、アンディと風子のやりとり、バカップル、課題結果、フィル、不燃、言語統一、シェンムイ、不治、不可視、謎の組織、UMA銀河、次号Cカラー……。
情報量が多すぎて語りたいことが無限に出てきます。
良いね。最高だ。


扉絵は光の向こう側から手を伸ばす風子。
前回の闇をこじ開けようとするアンディと対比になってます。完璧じゃないですか…。

ちなみに、これを前回の扉絵と並べて見ると感情が限界突破して、卒倒不可避(ボイドでは無い)なのでオススメです。


風子を気絶させることで、場面を強制移動→任務結果のハイテンポな流れを実現しているのが力技すぎます笑
本当にこの漫画のテンポは異次元ですね。


安野雲(=unknown)も気になるところですが、もう一つ気になるのは巻数が空欄になっているところですね。
1話のときは101巻ってちゃんと書いてあったんですが…。

f:id:mangalab:20200611184028p:plainf:id:mangalab:20200611184039j:plain
アンデッドアンラック 戸塚慶文 (左)19話 (右)1話
もしかしてアラビア数字の概念まで消えてます?それともただのミスですかね…?

「また独りになるとこだった…」「ありがとな 風子」でお互いへのクソデカ感情が飛び交ってます。それを眺める読者の心がこれでもかというぐらい殴られる…。
何だよ…もう。お前ら二人とも好きだ!!


トップ君との会話の奥で、シェンとタチアナが手を降ってるのが可愛すぎます。タチアナちゃんはお見舞いの人形までくれたみたいだし、風子ちゃんと仲良くなれるといいな〜。

タチアナの能力が「不可触(untouchable)」だったら、風子と触れない→不運が起こらないので、いくらでも仲良くなれそう。素晴らしい。


全身古代遺物の男の子の名前が「フィル」と判明。
否定能力は不感(UNFEEL)説でほぼ確定でしょう。自分の免疫反応とか感覚を否定することで移植を可能にしてるんじゃないかな?
予想を当てられてた方おめでとうございます!!


11人目の席の追加のときに、風子がジーナのジャケットをギュッとしてるの「あの時にもう一席あったら戦わなくて済んだのに…」とか考えてるんですかね?泣ける。
いや、ちょっと待て。ボイドは?
この漫画はボイドをとことん馬鹿にする漫画なの?笑


不燃(アンバーン)の居場所が太平洋を指してて「?」となったんですが、他の人のツイートのおかげでハワイの可能性が高いと知りました。
ハワイに行ったことはないですけど、火山のイメージはあるんで納得。まあ地域性と否定能力に関連があるかはわかりませんが。

不燃がバーン捕まえた後には無価値になる問題。あまりにもクソゲーだと話題になってましたが、まさか目次録が自分でツッコミを入れるとは笑

不燃さんはもう登場しなさそうですね。使い道ないし…(失礼)。
消防士にでもなって頑張ってください笑


ムイちゃんの「知道了」が聞けなくなるって分かったら、そりゃシェンはこの表情になるよなっていう。

f:id:mangalab:20200611205801j:plainf:id:mangalab:20200611205802j:plain
アンデッドアンラック 戸塚慶文 (左)19話 (右)4話
この二人の中国語の会話が大好きだったから悲しいです…。


古代遺物リベリオンの居場所を地球儀で指しているのはアフリカかな。エジプトっぽい。
敵勢力との戦いも面白そうなんですが、古代遺物の捜索も宝探しっぽくて絶対面白いと思うんですよね〜〜。いつかは読みたいです。


不可視さん、いくら何でも拷問とか可哀想すぎません?
きっとリンゴのつまみ食いのバチが当たったんですね(適当)。

f:id:mangalab:20200611205821j:plain
アンデッドアンラック9話 戸塚慶文 

不治の能力はもしかしたらアンディに有効かもしれないですけど、コイツにはアンディを殺して欲しくないですね。やっぱりアンディの死因は不運(愛)じゃないと。

ユニオンの目標が「任務の達成と理の抑制」なら、敵の目標は「任務の妨害と理の増加」ってことになるんでしょうか。
あるいは全く関係なく世界支配とか?


UMA銀河の追加。
風子が夜空を見上げながらジーナとの会話を思い出して涙を流し、僕ら読者も涙を流すところまで完全に未来が見えました。

来週のCカラーは多分こんな感じ笑
f:id:mangalab:20200611210308p:plain


「ルールが増えるのも悪くない」と示す銀河の追加と、「ルールが減ると嫌なこともある」と示す世界言語統一を同じ回に持ってくるのが、あまりにも完璧な構成すぎました…。


チェンソーマン

早川家、全然平和じゃないのに平和に感じてしまいますね笑


パワ子の殺処分を回避できたのはホッとしましたが、早パイに死亡フラグがもう一本追加で立ったのでプラマイゼロですね。
既に5本くらい立ってるんで1本増えたところでどうっていうことないですが笑


復活パワ子も良かったですが、個人的MVPは岸辺隊長でした。
クァンシが死んで落ち込んでた分、ニャーコで癒されてたら良いな〜。

アクタージュ

「夜凪景が同じ部屋にいるはずだ」っていう認識はあったんですけどね…。
何故かは分からないんですが、メガネの子が夜凪景ということに最後まで気付けませんでした。

流石女優……じゃないです。僕がアホなだけです笑
こういうときにアホは素直に楽しめるので強い(ポジティブ)。


最後の夜凪がスーバー美人だったのは言うまでもないんですが、今回は新キャラもめちゃくちゃ濃かったです。一気に全員好きになりました。

特に新名夏。心の声がモブキャラなので和歌月とかアキラとかと同類かと思ったんですが、普通にハイスペックで笑いました。
アイドルグループ3位、センター、CM起用多い、ファン多い、演技力◎、歌上手い、ダンス上手い…。
しかも鼻につかない可愛さがあるとか最強でしょ。推せます。


環蓮も、阿笠みみも、日尾和葉も、新名夏も、夜凪景も全員顔がいい。

特に芝居に入った時の顔がヤバイ…。
演技力の高さを顔面偏差値の高さで表現するのヤバイ…。


アクタージュは顔面偏差値で殴り合う漫画



ここまで読んで頂きありがとうございました。
面白かったらスターをつけたりツイッターでシェアして頂ける嬉しいです。
また別の記事でお会いしましょう。
mangalab.hatenablog.com