漫画研究室

漫画研究室

主にジャンプ作品の感想・考察、たまにイベントの体験談などを書いてます。

アクタージュscne107「打ち上げ」感想・考察『第一回人気投票結果発表』

f:id:mangalab:20191202121447j:plain
舞台「羅刹女」公式サイト https://www.shonenjump.com/studio_daikokuten/rasetsu/

次回の感想はこちらからどうぞ。

ネタバレあり。未読の方はご注意ください。
第一回人気投票結果発表、Cカラー、打ち上げ回、千世子の誕生日、公式のエイプリルフールネタと楽しいことが盛り沢山!


第1回人気投票結果発表

1位 百城千世子

ただ一人3万票越えの圧倒的一位。流石若手トップ女優ですね。投票期間が新生千世子のお披露目回と被ったのも影響していそうです。

2位 夜凪景

夜凪推しとしては主人公に1位をとって欲しかったんですが、夜凪本人は千世子の一位で満足しているのでしょう笑。

3位 明神阿良也

男子勢TOP!羅刹女編では比較的出番が少なかったにも関わらず高順位でした。流石実力派俳優。

4位 星アキラ

銀河鉄道で覚醒したコンプレックス青年。いつになったら日本に戻ってくるのか…。千世子に怒られるぞ。

5位 三坂七生

ダークホース。最近の出番はほぼ無いですし、シンプルなキャラ人気だけでこの順位は凄すぎます。これが舌ピアスの力なのか。

6位 柊雪

みんな大好きスタジオ大黒天の美人制作。作中屈指の常識人で、夜凪家の母親的存在を担っているのも人気が高い理由かも。

7位 王賀美陸

最近出番が多かったのに7位にとどまりました。弱みをあまり見せずいつでもカッコよくあろうとするプライドが人気投票では逆に不利だった?

8位 黒山墨字

8位なら健闘ですね。ルイレイに馬鹿にされるほど仕事をしない髭ですが、最近は千世子の新しい演出プランを立てるなど本領を発揮しだしました。

9位 烏山武光

初登場時は煉○さんのパクリだなんだと荒れてましたが今となっては普通に人気キャラ。そういえば勘当された親父さんが舞台を観に来る話はどうなったんでしょうか。

10位 山野上花子

羅刹女編ではかなりメインに取り上げられていましたが、やってることがかなりアレだったのでこの順位に。

その他の気になる人

ほぼ喋ってない渡戸さんがなぜか13位。顔の良いオジサンに人間は弱いのか。
和歌月さんは22位。1話から登場してる最古参キャラなのに…。
宇佐崎先生は15位、マツキ先生26位。原作と作画が別れてる漫画の人気投票は作画の方が順位高いイメージありますね。

Cカラー

人気投票上位6名の集合カラー。
千世子に抱きつく夜凪
夜凪の頭を撫でる阿良也
アキラの腕に手を回す七生

どことなくエロい雰囲気が漂っているんですが気のせいでしょうか笑。


打ち上げ回

今週はサイド甲乙の全員が揃っての打ち上げ回。
天然で独自のセンスを持つ夜凪。唯一の存在であることに絶対の自信を持つ王賀美。何考えてるか分からないけど可愛い千世子。空気を読まない阿良也。これらのメインキャラのモノマネ大会を軸に、全キャラの個性&面白い組み合わせの絡みが楽しめます。さらにゴチャゴチャと盛り上がっているところに柊さんのツッコミとあゆみちゃんのリアクションが入ったことで、メリハリがついて面白さが増幅されていました。
キャラの絡みだけでここまで面白いのは各キャラに魅力があるからですね。これまでの積み重ねがあってこその笑いがファンにはたまりません。
間違いなく神回。最高に面白かったです。

サイド甲の配信について

前回までの稽古の様子から、サイド甲は2日目以降孫悟空牛魔王に化けることで羅刹女に自分の気持ちに気づかせる」という同じ解釈で公演を行ったと考えられます。ですので、動画配信された映像が2日目の公演だったとしたら、観客はサイド甲の舞台だけでも芝居の意味は理解できるはずです。これは冒頭の「リッキーの羅刹女 最後全然意味分かんなかった」「あっち(乙)を観たら意味わかるようになってんだって」というセリフと矛盾します。
もしかしたら、黒山の機転でサイド甲の台本無視を帳消しにできたため予定通り1日目の舞台の方を配信したのかもしれないですね。1日目の舞台は解釈がともなっていないので観客は当然困惑すると思いますし。

もちろん「観客にそこまで読み解くリテラシーはあるのか」とかツッコミどころはあるんですが、まあ漫画なんで細かいところは気にしません。そしてこの考察自体もナンセンスなのは言うまでもありません笑。

エイプリルフール

4月1日は百城千世子の誕生日です。公式ツイッターでは千世子の誕生日ツイートとエイプリルフールネタが投稿されました。

アウトレイジのパロディですね笑。見たことはないんですけど確かヤクザの殺し合いの映画だったと思います。マツキ先生念願のヤクザ編が実現しました笑。

さらにファンの間では#百城千世子生誕祭2020#百城千世子誕生祭2020ハッシュタグをつけて素敵なファンアートがたくさん投稿されています。ぜひチェックしてみてくださいね。

ここまで読んで頂きありがとうございました。
コメントやツイッターで感想を頂けると嬉しいです。
また別の記事でお会いしましょう。